吉祥寺 聘珍樓 アンチエイジング薬膳

昨日のランチは「吉祥寺 聘珍樓」へ。
内側から元気になる、アンチエイジング薬膳のコースをいただきました。
8月のテーマは「五臓の脾で若返る」。
全部で六品のコース、低カロリーの料理です。
まず、三種前菜の盛り合わせ。(52kcal)

マコモダケの海老の子煮込み、オクラの黒胡麻ソースかけ、トマト、蕪、胡瓜の酢漬け。
冬瓜、清補涼の炊き込みスープ。(184kcal)

ハトムギ、龍眼、沙参、玉竹、百合根、蓮の実、山芋などの具材のスープ。
鶏肉、スープは豚骨も使われていて具だくさん。
琵琶豆腐の香り焼き。(69kcal)
これは写真撮るの忘れちゃったな~。
琵琶の形をイメージした豆腐、海老のすり身などを合わせた焼物でした。
鶏肉、南瓜の腐乳蒸し。(144kcal)

鶏肉は、肉類の中で最も消化吸収が良く「脾」に負担をかけないそう。
「腐乳」は豆腐を発酵させた調味料。
鶏肉がプルプルで美味しかったな~。
五穀のお粥。(213kcal)

大麦、ハトムギ、粟などの雑穀、トウモロコシのお粥。
パン、ネギなどをのせていただきます。
サツマイモの焼きプリン(83kcal)

さつまいもの甘みが美味しかったな。
薬膳ってヘルシー過ぎてちょっと物足りないかな~。
でも今朝は、昨夜も鶏肉料理を食べたからかお肌がいつもより手触りが良かった!
隣の寿司屋のランチも気になりました。